パソコンによる写真保存のデメリット

多くの写真もコンパクトに保存できる

昔は写真を残す方法では、フィルムから写真を現像し、アルバムに貼ることが一般的でした。ネガも保存しておけば、焼き増しもできます。現在では、フィルムカメラでの撮影はかなり減っており、デジタルカメラやスマートフォンのカメラ機能を使うことが一般的となっています。それゆえ、フィルムはいりませんんし現像も必要ありません。画面ですぐに写真が確認できるのも良いところです。写真はデータとして保存することが一般的になりましたが、パソコンなら多くの写真もコンパクトに収納できます。画像編集ソフトなどでの加工がしやすくなるのもパソコンに保管するメリットです。 とはいえ、パソコンでの保管にもデメリットはあります。まずパソコンが故障する、水没するなどのトラブルがあると大切な写真を一度に失う可能性があることは知っておきましょう。

バックアップを取っておこう

パソコンで写真を保管管理するなら、バックアップを取っておくと安心です。CDやDVD、SDカードなどのメディアにも保管しておくと、もしもパソコンが壊れたときもデータを守ることができます。それから、どうしても失いたくない大切な写真は早めにプリントアウトしておくこともおすすめです。パソコンからなら、フォトアルバムも簡単に注文できるので、オリジナルの写真集にしておくことも考えてみてはいかがでしょうか。最近は写真をクラウドに保管する人も増えています。この方法なら、データはネット上に保管されているので若しもパソコンが壊れたときも安心です。写真の流出を防ぐためには、セキュリティが良いということも大事です。クラウドに保管する場合も信頼性の高いところを選んでおきましょう。