パソコンによる写真保存の手順

さまざまな写真の残し方

カメラ付きの携帯やスマホが普及したことで、多くの方が写真を撮る機会が増えたのではないでしょうか。撮った写真の保存にはいくつかの方法があります。

プリントして形に残す方法は、昔からある方法でアルバムに整理しておくことで手軽に見返すこともできます。また、厳選した写真や思い出深いものなどを選ぶこともでき、データを消失してしまった場合でも手元に残っいれば安心です。
クラウドに保存する方法は、アプリをインストールさえすれば手軽に行うことができるというのが魅力です。データがクラウド上にあるということもあり、複数の端末で共有することも可能です。
外付けのHDDやDVDなどの外部メディアに保存する方法は、手軽に行えるというメリットがあります。しかし、SDカードの場合は寿命や劣化もあるため、DVDの方が安心だといえます。

写真データをパソコンで保存する手順

写真をパソコンで保存する場合、一番わかりやすいのがUSBケーブルを繋いで送受信するという方法です。ケーブルにもさまざまな種類があるため、目的に合わせた商品を選ぶことが大切です。
スマホの場合はケーブルを繋いだあとに、ファイルの転送を行います。写真のみの場合は、写真転送を選択すると良いでしょう。転送を終えたらパソコンを操作し、エクスプローラーを開くとデバイスとドライブの中にスマホの端末が表示されているので、開きます。最後に転送したいデータを探してコピー&ペーストすれば完了です。端末によってはフォルダー名が異なる場合もあるので、確認が必要になります。

パソコンでの保存は手軽な上に整理もしやすいという特徴があります。ですが、パソコンが故障した際などはデータを消失してしまう可能性があるため、注意が必要です。